REMOBA-UVC-01 ウイルス除菌機(UVC空間除菌機)発売

 | 照明コンサルタントがいるプロのお店。事務所、工場などのLED・無電極ランプを取扱・施工を行っています。

LED照明・無電極ランプについてのお問い合わせ

TEL086-486-2657 メールフォーム
新着情報 Delivery Case

REMOBA-UVC-01 ウイルス除菌機(UVC空間除菌機)発売

この度弊社では新型コロナウイルス感染拡大予防対策として、REMOBA-UVC-01空間除菌機を発売いたしました。

UVC(深紫外線)によりウイルスのDNAを破壊し不活化させることが可能です。5秒以内に99.999%の不活性化を確認されている物になります。

 

■UVC(深紫外線)-LEDとは?
UVC(深紫外線)は除菌・浄水などに利用が出来る見えない光 のうち可視光(ヒトの目で見える)よりも波長の短い光を紫外線(UV)と呼び ます。

更に紫外線はその波長によりUV-A・B・Cに分類され、最も波長の短い 波長100nm~280nmのUVCは深紫外線とも呼ばれます。

UVA・UVB・UVC によって応用分野は異なり、UVC(深紫外線)は強い菌(細菌・ウィルスなど)の 不活性化(除菌)効果により、表面除菌や水除菌・空気除菌への応用が始まって います。

■UVC(深紫外線)による細菌不活性化のメカニズム
細菌内部の核酸を変化させる そのメカニズムについては、未だ解明されていない部分 もありますが、細菌やウイルス内部の核酸(DNA、RNA 等)が深紫外線を吸収し化学反応を起こし、細菌やウイル スの新陳代謝を阻害、やがては原形質破壊を起こすとされ ています。 ※除菌能力は、菌の種類、温度や湿度などの環境条件によって変わります。

■試験データ
UVC空間除菌器に採用した豊田合成㈱製UVC‒LEDの新型コロナウイルスの不活性化試験結果 豊田合成㈱は、認定特定非営利法人バイオメディカル サイエンス研究会(※1)と共同で、同社が開発した新紫外線 LED技術を用いて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)へ の照射による不活化試験(※2)を行い、高い有効性が確認 できたと2020年9月24日にプレスリリースしています。
※1 医学・薬学・獣医学・農学など生物科学を専攻する国公立研究機関や大学 などの出身の専門家により構成された認定特定非営利活動法人
※2 不活化とはウイルスや細菌の遺伝子情報を破壊して増殖が出来なくする (感染力を失わせる)こと。

 

詳細につきましては下記をご覧ください。

 

 

 

 

 

LINEで送る